南谷桂子さんの隣人祭り

[仏]「食育」隣人祭り

2009年5月28日

ありました!数え切れないぐらいのドラマが。5月26日(火)、日本の隣人祭りに2日ほど遅れてパリでも一斉に行われました。始まる直前まで大嵐。あぁ、今年もまた雨か…と思いきや、時計が18:30を回ったところで突然、青空に。今年は10周年を記念して、あちこちでかなりの盛り上がりをみせています。中でも「食育」をテーマに子どもたちにバランスのとれた食事の大切さを教えてあげようと、食品会社のネスレが昨年の暮れ「ネスレ財団」を立ち上げました。“君がどんなものを食べているか言ってごらん、どんな人か言い当てたげるから!”フランスの健啖家、ブリヤサヴァランの有名な言葉です。そんな言葉を生んだフランス、やっぱり食べることは人生の楽しみのよう。

いつもながら駆け足でやって来たぺリファンさん。子どもたちに向かって「さぁ、みんな食べることの大切さ分かった?じゃ、おみやげにキャンディーあげるよ。」「もう、アタナーズたら!キャンディーなんか食べさせないようにするのが食育なのよ!!」と、ちょっと失笑をかったぺリファンさんでした。

©RINJINMATSURI. All rights reserved.