《番外編》 ペリファンさん初来日!密着取材記

12/1(月)11:00成田から立川へ到着。

2008年12月26日

早朝6時50分成田着のエールフランスでやってきたペリファンさんは、そのまま成田エクスプレス&中央線へ。最初の講演は、立川市にある富士見町団地。

参議院議員の田中康夫さんとのディスカッションです。団地、という日本独特の建物に興味津々のペリファンさん。「お年寄りが多いんですね。パリにもこういった住宅がたくさんあります」。集まってくださった団地住民の方々を前に、初の講演会が始まりました。

ここは東京・立川、富士見町団地の集会所。アタナーズ・ペリファンさんと、参議院議員・田中康夫さんの“隣人祭り対談”が行われ、パリでの隣人祭りのエピソードや、日本の高齢化社会、地域のコミュニケーションのあり方など、いろいろな話題でトークセッションが繰り広げられた。この日を待ちかねていた50人近い団地の住人が参加。フレンチ・ジョークを交えながら話すペリファンさんと、現状の政治に毒舌を交えて話す田中さんのトークに、笑ったり、真剣な表情で聞き入ったり。対談の後は、まるで“隣人コンビ”を結成した2人の記者会見のように質問が飛び交った。では、そのなかのひとつ。

「隣人祭りに関心がなく、参加しない住人にはどうアプローチすればいい?」

ペリファンさんがマイクを手にする。
「今日の集会もそうですが、こういう集まりに参加する人はいつも同じ顔ぶれだったりしますよね(笑)。来ない人を連れて来るのは簡単ではないけれど、隣人祭りのときには、まず3〜4人、やる気のある仲間を集め、協力しあって、気長にやることです。『皆さん、階段を下りて中庭に集まってください!』と、玄関の扉を叩きましょう。ただ、覚えておいてください。隣人祭りをしたからといって感じのいい人ばかり集まるとは限りませんからね(笑)」。住人たちは、大笑い。

「こんなエピソードもあります。私のマンションで隣人祭りをやっていたとき。4階に住む男性にこう言われたんです。『隣人祭り? 馬鹿げたことをやるもんだ!』と。でも2年目、彼はちょっと変わりました。『隣りの人と付き合わない僕の方が間違っているのか?』。3年目、中庭で隣人祭りをやっていると、4階の部屋の窓から彼が覗いているのが見えました。よし、あと一押しだ。そして、4年目。なんと、彼が隣人祭りの主催者になったのです!」

言葉を交わし、顔を合わせ、ちょっぴり煙たがられてもコミュニケーションをとりつづけることが大切だと、ペリファンさんは言う。それを受けて、田中さんもマイクを取る。

「実は私、プレシー・シュル・マルヌというフランスの小さな村の名誉村民なのです。パリから35キロほど、人口はたったの500人。その村の学校の向かい側には食堂があって、昼になるとそこにスクールバスがやって来て、隣村も合わせて3つの村の子どもたちが一緒に給食を食べる。日本は逆で、給食センターをひとつつくって、そこから各学校に給食を運ぶ。給食をつくっている人の顔が見えないんです。コミュニケーションもないから、嫌いなセロリを子どもたちが食べ残したりする。でも、その村のように、つくっているおばさんの顔が見えると、嫌いなセロリも食べざるを得なくなるでしょ? 大事なことは、人の喜怒哀楽が見える社会にすること。隣人祭りは、人が見える“きっかけ”になるはず」

「おしゃべりな隣人でごめんなさい。もうひとつ」と、ペリファンさんが再びマイクを手にする。「私と同じ階に住んでいるマジャさんは、83歳のおばあさん。朝、フランス人はパン屋さんに焼きたてのバゲットを買いに行きますが、階段の上り下りが大変だろうから、僕が買いに行くときにマジャさんのバゲットも買ってきてあげます。すると逆に、私が仕事に出かけて留守のとき、小包が届いたりしたらマジャさんが代わりに受け取っておいてくれる。あるいは、仕事が長引いて帰りが遅くなるときには、僕の子どもたちの面倒を見ていてくれる。まずは、ご近所さんを知ること。そのきっかけが、隣人祭り。そして、隣人祭りで知り合ったら、お互いで何かを助け合うのです。お金やモノではなく、心を開いて何かをしてあげたいと思い、そして、やってみること。それが、隣人祭りの目的です」

会場からは大きな拍手が起こった。そんなふうにして約2時間、トークセッションは予定時間を押して盛り上がったのでした!

「“私”という字の左側は、のぎへん。小麦や穀物をさします。右側は、ム。象形文字で、中国で肘鉄を意味します。つまり、私がつくった小麦を盗む奴がいたら『これは私の小麦だ!』と肘鉄を喰らわすというのが“私”という字の起こり。“公”という字にも肘鉄が入ってますね。上の部分が肘鉄を包んでいます。これは、肘鉄を喰らわすような人の気持ちも包み込んで、解いていくということ。他人を思いやる、それが“公”の役割なんです。人と人は100%理解し合えるものではありませんが、理解し得ないからこそ、互いの心の機微を理解しようとする姿勢が必要なんです」と、田中さんは熱弁を振るった。

「パリ17区のクリスマスには、区長からお年寄りにチョコレートをプレゼントする恒例イベントがあります。お年寄りが引換券を手に役所を訪れるのですが、多くは1人で来て、1人でチョコをもらって帰る。見ていて、寂しい気持ちがしました。そこで、17区の住民にお願いをしました。お年寄りの住むマンションのご近所さんに『一緒に来てあげてください。そして、同じ時間を過ごしてあげてください!』と。すると、お年寄りが、一緒に来た若い人たちに『これ、どうぞ』とチョコをわけ、一緒に食べている光景を目にするようになったんです。行政のやることにプラスαして、住民にできることがあるということです」と、ペリファンさん。

「日本はこれから毎年80万人ずつ人口が減少し、2050年には9000万人になります。量よりも質の充実を図らなければ」と話す田中さん。長野県知事時代に行った施策を紹介。

「小学校の空いた教室を、地域のお年寄りの集会所にしました。昼間、お年寄りが集まって、ただおしゃべりをしたり。すると、昼休みに子どもが入ってきて、『おばあちゃん、ボタンが取れちゃった』とか、『しんどい。風邪引いたのかも』とか、お年寄りと子どものコミュニケーションが生まれたのです。そんなふうな知恵が、行政からではなく、皆さんのなかから自然発生するきっかけになるのが隣人祭り」。

いろんな質問や意見を出しあった富士見団地の皆さん。

「隣人祭りは年に1回開くものといわれますが、年1回でご近所の新しいおつきあいが生まれるの?」という質問には、「年に1回は、もちろん十分ではありません。1回目は初めの一歩。大事なのは回数ではなく、その後です。一歩を踏み出したことで、互いに知り合い、『こんにちは』が言えるようになる。それから、実際に行動するのです。ご近所さん同士での助け合いが始まるのです。助け合うのは、1年中です!」と、ペリファンさん。

対談が終わり、みんなが公園に揃ったところで、団地をバックに「ハイ、チーズ!」。富士見町団地は、建てられてからすでに40年。876世帯の家族が暮らし、住人の半分以上がお年寄りだそう。公園の紅葉が美しく、少し歩けば、土手の上から富士山も見えるとか。住民の方は協力しあって隣人祭りを行ったり、フリマを開いたり。管理組合理事の鈴木一廣さんは、「隣人祭り、年1回でなく春夏秋冬に1回ずつやりたいね」とニコリ。

国境を越えた“隣人コンビ”の結成か!?

仲良しになったペリファンさんとダンスを踊る、茶目っ気たっぷりのムッシュ田中。実はお二人、この日は超多忙なスケジュールのなか、「隣人祭りのためならば」と、ペリファンさんは成田空港から昼食もとらずに立川へ直行、田中さんも風邪を押して永田町から馳せ参じたのだ。なのに、あれほどの熱弁とユーモア。感謝&感激です。

(原稿/松井健太郎 写真/高岡弘)

©RINJINMATSURI. All rights reserved.