山ア利夫さんの隣人祭り

開催報告「大浦集落で隣人祭り」

2010年8月18日

日 時: 8月16日 午後5時〜

場 所: 鹿児島県肝付町大浦集落内 旧大浦小中学校校舎および校庭

人 数: 30人(集落の住民(ほとんどが高齢者)、町内の中学高校生ほか)

内 容: 校庭で中学高校生がカレーと焼きそばを調理し、集落住民は手作りの一品を持ち寄って、食事会、スイカ割り、レクリェーションゲーム、花火等を通じた若者と高齢者の交流会

8/16(月)17:30〜20:00に、肝属郡肝付町岸良大浦の大浦集落で隣人祭りを開催しました。

これは肝付町社会福祉協議会とおおすみNPOネットワークの協働イベントです。

大浦集落は31名の住民のほとんどが高齢者で、一番若い人でも50歳代後半の、いわゆる限界集落です。また、同集落は肝付町の中心から遠く離れた海に面した傾斜地に位置し、後ろは急峻な山が控えています。今回は社会福祉協議会が大浦集落住民に参加を呼びかけて実現しました。当日は快晴の真夏の天気のもと、大浦地区住民(全員で31名)17名、肝付町在住の中高生11名、関係スタッフ11名の計39名が集まりました。中高生がカレーライスと焼きそばを作り、住民が一品を持ち寄りって若者と高齢者が食事と会話で交流を深めました。会の途中には、学生による楽器演奏や民謡踊り、花火大会などイベントも盛りだくさん。時間を忘れて大いに盛り上がりました。

帰り際、住民は「若い人が大勢来てくれて本当に楽しかった」「民謡を一緒に踊れて楽しかった」など、喜びの声をたくさん寄せてくれました。今後も、同様の隣人祭りを過疎・高齢化の進む集落で開く計画です。

30年以上前、叔父が大浦小学校に赴任していた関係で
幾度も訪れた懐かしい大浦、今はどうなっているの
だろうとふと思い立って検索をしてみましたら、
この頁に行き当たりました。

昔は舗装もされていなかった道路も良くなり、
様変わりしているのではなどと思っておりましたら、
大浦小学校はすでに休校、限界集落化して
おりましたとは。。。

隣人祭りという活動も初めて知りました。
ますますのご活躍をお祈りいたします。

コメント by こうちゃ 2010年8月29日 10:36

©RINJINMATSURI. All rights reserved.